風俗嬢の一日について

風俗嬢の1日の流れ

出張型の風俗では

出張型風俗とは「デリヘル」「ホテヘル」「オナクラ」の3種類があります。
これらはどのように1日の流れが変わってくるのでしょうか。
変更点を説明していきます。

・スケジュール入力後店舗から連絡が来る
ここが大きく違うことです。
出勤前にまずお店からこの後出勤できますかというような連絡が来ます。
連絡手段は様々ですが、最近だとLINEでの連絡もあります。

・出勤時には迎えが来る
待機所周辺の駅まで迎えが来ます。
移動は基本的にお店側のスタッフで行うようになります。

・待機時間がある
出勤後はお店が用意している待機所で待つようになります。

・移動がある。
その後お客が出来たら現地まで移動をします。
自宅やホテルへ直行の場合もありますが、近くで待ち合わせていくこともあります。
業務が終われば迎えが来ます。

店舗型は移動がない

もちろんのことではありますが、店舗型はお店にお客が来るので移動することはありません。
なので出勤後はすぐ業務の開始をします。
待機時間ももちろんありますが、接客時間はまちまちです。

・店舗型ヘルスの場合
接客時間は40分から90分程度です。
短く終わる場合もあれば長く時間がかかる場合もあります。

・ピンサロの場合
ピンサロは圧倒的に短く30分から50分程度です。
短い時間で働くならこれがオススメです。

・ソープの場合
60分から120分の接客時間と長くなってきます。
しかし、稼ぐなら圧倒的にソープがいいと言えます。

・SM嬢の場合
圧倒的に長いです。
40分から200分と長丁場で仕事をしていきます。

仕事の時間が割と長いということが店舗型には言えるポイントです。
働く際には気を付けて見ておきましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る